たいやきの中身

感想文。前半ネタバレ無し、後半ネタバレ有りで書いてます。因みにクリーム派。

2021年の記事タイトル一覧

2021年に書いた記事を並べてトップに置いてます

古いもの順

 

ゼノブレイド2の感想 - たいやきの中身

モンハンライズの感想 - たいやきの中身 

ゼノブレイド2黄金の国イーラの感想 - たいやきの中身

Outer Wildsの感想 - たいやきの中身

Celesteの感想 - たいやきの中身

Celesteの感想

皆さんどうも、たいやきです。

今回はCelesteの感想を書いていきますが、こちらのゲーム、全クリはしていません。というよりはクリア出来ませんでした。

ただ、自分なりの面白かった点や何故クリア出来なかったのかということを記していきながら感想文を書いていきます。面白くなかったというよりは、面白かったけどここが気に入らなくて投げてしまったというお話になるので、是非最後までお付き合い頂けたらと思います。

f:id:kk_abc:20210522133700j:plain

 

 

ネタバレ無しの感想

 ネタバレ無しの感想から。

標高の高い雪山「セレステ山」を舞台としたサイドビューのアクションゲーム。主人公の女性・マデリン(Madeline)を操作し、ジャンプやダッシュを用いて高難度の様々なステージを攻略しながら山の頂上を目指す。物語では、マデリンが山を登る中で様々な出会いや出来事を経験しながら自身の内面と向き合い、鬱々とした心が変化していく様が描かれている。 

(wikipediaより)

 上記のように、セレステ山と呼ばれる不思議な山を登る2D形式のアクションゲームとなっており、平たく言えばロックマンのようなゲーム性です。

ただこのゲームは俗に言う鬼畜ゲーで、昔流行ったI wanna be the guyに近しく、山の試練を乗り越える者だけが頂きに立てるという高難易度ゲームならではのトライアンドエラーを繰り返した後にある達成感を楽しめるゲームです。

このゲームの醍醐味はその難しさを乗り越えることにあるのですが、前述したアイワナよりも導線がキレイにできており、シンプルなアクション(基本的な動きはジャンプ、壁のしがみつき、空中ダッシュの3種類のみ)ながらも各面に用意されたギミックを駆使して攻略していく様は高難易度ゲームながらも挑戦を楽しませてくれる作りとなっているので次へ次へと進めたくなります。また、ローディングが短く、トライアンドエラーが高速で出来るのも評価点が高いです。

物語も面白みがあるものとなっていて、特にこの社会という荒波に飲まれて気が滅入ったことのある方にはオススメできるストーリー性で、ストーリーの印象的な部分に関してはネタバレ有りの感想で触れていきたいと思います。

鬼畜ゲーにしては物語もゲームも高品質で、プレイヤーを苦しめるジャンルなのに存分に楽しませてくれる、いわば何故登山家が山を登るのか、何故人は人生を歩むのかを考えさせてくれるような、苦しみの先に見出す人間らしさを感じる出来の良い面白さがあります。

しかし腐っても鬼畜ゲー、その難易度は後になればなるほど難しくなっていき、とある場所を越えた先は鬼畜ゲーたる所以を味わうことになります。自分はここで心が折れてしまいました。なので、鬼畜ゲーを物ともしないチャレンジャーにはオススメなのですが、アクションゲームに自信が無い方にはあまりオススメ出来ないかなと思います。(ただ、他の鬼畜ゲーに比べたら初見殺し感は薄く、入門編としてはオススメ)

f:id:kk_abc:20210522140851j:plain

山登りの始まり

後、このゲームドット絵がキレイでグラフィックがとても好みです。ドット絵ならではの良さが十二分に発揮されてますのでドット好きは垂涎レベルかも。

更に、これどの感想文でも言ってる気がするのですがBGMも良くて、疲れて休憩してる時も楽しめるんですよね。こうやって目でも耳でも楽しめるって贅沢ですね。

f:id:kk_abc:20210522142816p:plain

余談ですが青髪マデリンすき

 

ネタバレ有りの感想

ここから先はネタバレ有りの感想になりますので、まだセレステ山に挑戦していない方はお戻り下さい。…なんか視るかもしれないよ。アンタが見たくないもんをね。

今回も備忘録程度に配信つけてプレイしていたので動画を貼りながらの振り返りをしていきます。ブロードキャスト便利だなぁ。

 

Part1

celeste 垂れ流し - YouTube

1面~3面まで

山登り初日。

シンプルなアクションなのでチュートリアルは簡潔的ですが受け入れやすく、操作に慣れるまでもこの初回で十分な程。思ってたより難易度は易しめだな(鬼畜ゲーと聞いていた為)といった感想で次々進めていきます。

ばあさん、闇マデリン、セオ、オオシロといった主要キャラ総出演になります。どのキャラも個性的ですが、ここで一番印象的なのはオオシロですかね。ホテルに憑いた亡霊というだけでも強い個性ですが、人格にブレがあり、解離性障害(多重人格)に近い様子が見られます。イカれたおっさんなのですが、哀しい背景があってその境遇に同情してしまうような憎めない人、といった感じです。マデリンはマデリンで優しい。

何気、他のキャラはこれ以降もずっと出てきますが、オオシロの出番はこことラストだけですね。ばあさんとの関係性もちょっと気になるところ。

 

Part2

https://youtu.be/aDrGBlk2MhA

4面~6面まで

山登り2日目。

ここではマデリンとセオにフォーカスが当たるようなお話が続きます。

セレステ山とは何なのか、2人は何故山を登るのか、マデリンが抱える問題とその克服。Celesteの物語における中核的部分が顕になってきてこのゲームをより深堀りしてくれます。マデリンもセオも辛い過去があったからこの山を登るんだなと思うと、少し親近感が湧きます。

アクション部分もより難しく、ギミックも増えていき面白くなってきます。

ここで一番印象的だったのは羽を思い浮かべるところと、6面ラストのLEVEL UPです。

羽を思い浮かべるシーンでは、パニック障害の対策として理にかなっているところもそうですが、山頂を目指す為に羽の力(どこまでも飛べるイメージ)を想像するのが作品的にマッチしていて、マデリンも然ることながらオオシロやセオの抱える問題も相まって精神障害をうまく作品に取り込んだなと感動しました。

また、6面ラストの自分の中にある影を克服して力を得る演出って、代表的な作品でいうとペルソナがあげられるのですが、Celesteはペルソナよりももうひとりの自分と助け合いをしている感が強くてとても好きなシーンです。

f:id:kk_abc:20210522153345p:plain

 

Part3(ラスト)

https://youtu.be/jJ4JruTc6n8

7面と1-B

山登り最終日。

7面開始と共にセレステ山頂を見上げ、闇マデリンと力を合わせて一気に山頂まで駆け抜けていく演出はすごくエモい。

今までの総決算とも言えるようなステージとギミックの数々を乗り越え、遂に山頂に着くのですが、達成感と山頂からの景色、エンドロールで山を降りていくムービーは気持ちのいい余韻として楽しめました。

f:id:kk_abc:20210522155324p:plain

こうしてマデリンの奇妙で貴重な体験は終わりを迎えます。…終わり、だと思ってました。

しかし、7面をクリアした後に出てきた8面、どうやら先に進む為にはクリスタルハートと呼ばれるものを集める必要があるのですが、これが個人的にかなりの苦でした。

このクリスタルハート、今までのA面(表面)の隠し要素とB面(裏面)をクリアする方法で手に入れるのですが、1-Bがめちゃくちゃ難しかったことに加え、ストーリー上仕方ないのですが2回ダッシュが没収されたこと、ギミックもその面のものをより高難易度に調整した内容にしている為真新しさが無いことも原因として力尽きました。

要は、難しすぎることと新鮮味が無くなったことが個人的に受け入れられなかったのでこれ以上続けることが厳しくなったのです。このゲームの面白さは、難しいけど飽きさせない工夫や感動的なストーリーにあると思ったので、これからB面をクリアしていくのはその面白さから乖離してしまうのかなと思いました。

ただ、B面のBGMは別になっていて凄く気持ちのいいメロディになっていたのは新鮮で面白かったです。

とまぁ、厄介オタクの解釈違い問題に似た癇癪みたいのもので、実際はこのゲーム自体は面白かったのでこうして感想文に纏めてみました。

 

 

終わりに

最後まで読んでいただきありがとうございました。

動画を見返して思ったのですが、このゲームインディーズにしては日本語訳が丁寧で読みやすく、文章がすんなりと頭に入ってくるのも良い点ですね。プレイ中はあんま気にしてなかった。

結局最後までクリア出来なかったのが心残りではありますが、総じて面白い作品として良い印象のまま断念したような形となりました。特にストーリーに関しては、自分もこの社会に思うところがあり、精神的に抱える問題の部分で親近感が湧いて好きになりました。鬱経験がある方などはこの作品を通して色々と思うところがあるのではないかなと思います。

もし、また強い意志でCelesteの核に向かいたいと思ったその時は追加の感想を書きたいなと思います。

最後に、このゲームを勧めてくれた友人に謝意を。ありがとう、そしてごめんね。

 

それではまた。

Outer Wildsの感想

皆さんどうも、たいやきです。

今回はOuter Wildsをクリアしたので感想を書いていきます。

インディーズゲームながらも数々の賞を受賞しており、かの有名なUndertaleと並ぶ有名作で、プラットフォームが豊富且つお手頃な値段で買えます。今年にはSwitch版の発売も決定しているそうですね。

因みに、クリアまでのプレイ時間は約20時間程。クリア後に初めてプレイ時間見たんですけど、体感100時間近くやってるような感覚でした。

f:id:kk_abc:20210424144457j:plain

 

 

ネタバレ無しの感想

先ずネタバレ無しの感想からになります。

物語の舞台は架空の星系。ただし、物語が始まって約20分後(ゲーム内時間かつ実時間)に、恒星超新星爆発を起こして星系が滅亡してしまう。プレイヤーはその星系の地球にあたる惑星宇宙飛行士として、謎のタイムループ能力によってを繰り返しながら、宇宙船ジェットパックを操縦して星系を探検し、ループの原因、そして星系に隠された壮大な秘密を解き明かしていく。

(wikipediaより)

 上記の通り、宇宙SFモノ+謎解きゲームとなっております。自分はこのゲームをやっていたらインターステラーという映画を思い出しました。

 このゲームの醍醐味はなんといっても”宇宙の探索と解明”で、宇宙船で様々な星を巡ってこの世界で何が起こっているのかを解き明かしていくことにあります。この様々な星達は全て個性的な特徴を有しているのも面白い点です。

システム上、22分という決まった時間で世界が滅亡(リセット)してしまうのですが、”知識”だけは蓄積されていくので、最初は解法が無い問題でも、様々な場所から知識を得ることで自然と問題の解法が見えてくるようになっています。

ゲーム性としては、宇宙SFが好きな人や謎解きが好きな人はハマるような仕様となっています。

f:id:kk_abc:20210424151103p:plain

ゲーム内には航行記録という知識の貯蔵庫があるのでこちらを活用していくと謎解きがしやすいです

しかし、実はこのゲームには難点がありまして、それが「操作性の悪さ」「目的の不明瞭さ」です。この2点は言ってしまえば「ゲーム」としての重要な役割を担っているもので、これらが苦で続けるのが困難になる可能性があります。「操作性の悪さ」に関しては、シミュレーターゲームをやっているような感覚で、もう慣れるしか無いといった感じですが、自分は特に「目的の不明瞭さ」がプレイしている上でモヤモヤするポイントでした。今自分が何をやっていて何をやる必要があるのかが分からないので、達成感もクソもなく雲をつかむような感覚でひたすら宇宙を彷徨っているのが辛かったです。ただ、友人達が皆口を揃えて面白いと言っていることや、プレイして2日目から友人が「ヒントというかこういう指針で進めてくといいよ」といったことを教えてくれたこともあり、苦の部分を乗り切り、雲の中にあった答えの欠片たちを掴みとりはめていく感覚は今でもすぐ思い出せるぐらい楽しかったです。ありがとう先輩飛行士の皆。

後、これも個人的に辛かった点なのですが、このゲーム22分という決まった時間内でしか行動が出来ない上に、星によっては時間経過での変容があるため(しかも中にはシビアな時間帯での行動が要求される)めちゃくちゃ時間に囚われるストレスを感じました。

 好意的に捉えたら宇宙における無力さを感じることが出来るのですが、正直最初5時間はマジでキツすぎて投げ出したくなりましたので、もし万が一にもこの記事を読んで興味を持ってくれた方がいましたらある程度の覚悟はして下さい。

それと、BGMがめっちゃ良いです。素人なのでよく分からんのですが、バンジョーを基調にしたミュージックとのことで、温かみあるノスタルジーな曲調が聞いてて心地よかったです。ラストシーンではこの音楽を聞きながらめちゃくちゃ泣きました。関係ないけどバンジョーって聞いたらカズーイがでてくるよね。

f:id:kk_abc:20210424144922j:plain

FPS視点且つ重力の乱雑さで多くのプレイヤーが3D酔いで吐き散らかしてたらしい

ゲーム部分に関しては難ありですが、ストーリーに関してはめっっっっっっっっっっっっっっちゃ良かったです。ほんと今までの人生の中でトップレベルの物語でした。ありがとう開発者。

 

 

ネタバレ有りの感想

ここから先はネタバレ有りの感想になります。

まだゲームをやっていない方は”観測”する前に観測し得ない未来へお戻り下さい。

 

今回、感想を書いていく上で今までと少し違う方法を取りまして、備忘録程度にゲーム配信をつけてプレイしていました。なので、Part1~6を順に振り返っていく形で物語の遡行をしたいと思います。

因みに動画はマジで見辛いし長いので見なくても構いません。

 

Part1

Outer Wilds垂れ流し - YouTube

チュートリアル、巨人の大海探索、灰の双子星探索、燃え盛る双子星探索、アトルロック探索、木の炉辺探索、脆い空洞探索、量子試練の塔攻略

初日です。ここでは何の情報も無い状態なのでとりあえず色んな場所へ行きます。正直何してるか分からなすぎて、プレイ後に5時間もの間何やってたんだ…って頭抱えます。

実はこの回では奇跡が起きてまして、まさかの灰の双子星初回にて双子星プロジェクトの場所に行き着きます。ただ、偶然行っただけで何も分からずコア取り出して死んでます。今思うとここで手に入った情報が各星々での重要な情報だったので、本来他の星で手に入れた情報を持ち寄ってここに辿り着くはずが、ここに辿り着いて情報を持った状態で他の星々を巡るというあべこべな形で宇宙探索するハメに。「いや、初めて来たのにこの情報見たことあるやん」って思うこと多かったです。

後、台風の目ってこのゲーム存在するんかなつって大海のでけえ竜巻の中突っ込んだら量子試練の塔に到着。これはかなりデカイ収穫で、試練の攻略も楽しく唯一ゲームをやってる感ありました。ありがとう量子試練。

まぁほんと全体的に各星々の上っ面だけ舐めて終わっただけの回でした。

 

Part2

Outer Wilds垂れ流し 2 - YouTube

瞑想伝授、空洞探索、闇のイバラお触り、大海のコア侵入失敗、燃え双子星の探索、量子の月侵入失敗、侵入者お触り、双子星プロジェクト再訪

2日目、ここからは先述した友人の教えがあり霧散していた靄を形どって進めるように。ありがとう先輩(2回目)。

脆い空洞では量子知識の塔の入り方が分からず断念。ブラックホールに飲まれた先の建物でワープの方法を知ることに。また、脱出ポッドを発見し、内部の探索を重点的に行っています。因みに鍛冶場の操作方法知らずにこの場を後にして何もないとこだなってなったので、後々困ることになりました。ちゃんと視界に映るものを見ようね。

闇のイバラでは遭難ビーコンを頼りに進もうと思ったらアンコウに食われてお終い。ここめっちゃビックリして声あげました。アンコウ怖すぎ。

大海の中心部への行き方は分かったのですが、電磁バリアの突破方法が分からずに断念。

もう一つの遭難ビーコンを頼りに燃え双子星に行き内部探索へ。かなり内部の方まで進めれてアンコウ対策を知りますが、正直この砂のシステムめっちゃ嫌いです。

なんとなく量子の月を発見したので量子試練で得た知識を基に侵入しようとしますが失敗。追試ですね。ただまぁ、この時点で到着したところで祭壇の謎が解けないので結果オーライではありますが。

侵入者に関してはマジで意味不明で、最後まで後回しすることになります。

プロジェクトも再訪するだけして何すればいいのか分かるはずもなくそのまま死亡。ここで気付いたのが、コアを外すとループせずに死亡することです(文章読んでれば分かることではある)。

 

Part3

Outer Wilds垂れ流し 3 - YouTube

闇のイバラ探索、大海のコア侵入、燃え双子星探索、量子の月侵入失敗、量子ゆらぎの洞窟到達

3日目(前編)

アンコウの情報を基に闇のイバラを攻略していきますが、この時実はアンコウ対策間違えてて、「アンコウ目見えないならライト消して端っこゆっくり進めばええやん!」つって行ってます。なので密集地帯の切り抜け方が分からず船は断念。ノマイ族の子供より知能が低い。ここで遂に(個人的には大海のコア攻略法が知りたかったので待望の)Feldsparと遭遇。そして無事クラゲの存在理由を知り大海へ向かいます。

大海のコアへ無事侵入。宇宙の眼の座標を知りますが、船に辿り着いていないのでどうやって行くのかが分からず、実はめちゃくちゃ悩みました。情報の中では宇宙の眼っていわばゴール地点なので、めっちゃ行きたくて色んな人の所へ訪ねます。違う違うそうじゃないそうじゃなーい。

そして個人的に一番苦戦した燃え双子星の情報集め。やっぱ砂の時間制限もそうですし、洞窟の入り組んだ構造も相まってマジで嫌い。

途中また量子の月に侵入しようとします。今回の方法はなんと木の炉辺にある石を撮りながら突っ込むというマジで訳分からん攻略してます。どうしてそうなった。勿論侵入できず断念します。

再び燃え双子星へ行き、量子ゆらぎの洞窟に到着。ここでは、石の上で明かりを消してつけるというところまでは分かっていたのですが、自分の持っているライトを消すという発想が無く、めっちゃ苦戦します。灯台下暗し。

 

Part4

https://youtu.be/yao1efqZWfo

燃え双子星探索、ホワイトホール近辺探索、闇のイバラ探索、燃え双子星再探索、灰の双子星探索、太陽ステーション到達、量子知識の塔侵入、量子ゆらぎ攻略、量子の月探索、第6の場所到達、ノマイ船到達

3日目(後編)

引き続き量子ゆらぎのお勉強。マジで分からんくて一旦離脱。

ホワイトホールのとこではなんか建物入ったら埋められました。これバグ?

闇のイバラでは船への道、アンコウ密集地帯を攻略しようとしますが、音に反応していることを理解していないため食われます。

ここらへんマジで手詰まりになってて、心折れそうになりましたが、燃え双子星の再探索時になんとか高エネルギー研究所に到着。ここで漸く灰の双子星のワープ先を理解します。自分は偉いのでスマホで写真撮っておきました。ありがとう文明の利器。

灰の双子星では各ワープ先の確認。ブラックホールの鍛冶場周辺に到着するも、本体である鍛冶場が分からず一旦離脱。その後太陽ステーションに到着します。ここでは特に攻略といったような部分は無かったのですが、重要な知識が書いてあったのと、時間制限があったのとでワクワクした覚えがあります。

 ここらへんからこの世界の真理が見え始めて、マジですげえ楽しくなってきました。そして量子知識の塔の入り方が分からず苦戦してはちゃめちゃな突っ込み方しまくりますが失敗。なんなんだこれマジでよ~つってたら偶然にもブラックホールに飲み込まれて塔内部に侵入できました。この時エッ!?そういうこと!?ってなったんですが、多分偶然の力が無かったらクリア出来てなかった説もありますね。

残す量子の知識はゆらぎだけですが、マジで攻略法分からなかったのでここで禁忌に触れます。懺悔します、ここだけ攻略見ました。フラッシュライトって文字見た時は笑いました。頭固すぎ。

量子の知識は全て得たので、遂に月攻略へ身を乗り出します。ここで月侵入する際行った方法も今見返すと面白いのですが、闇のイバラの陸地部分にカメラを設置して量子の月を撮影連打しながら突っ込みます。この時はカメラをどこかに設置しておかないとダメだという謎の定義が頭にあったので、結果侵入は出来ましたが若干間違った知識なのが笑える。まぁ後々、観測者がいればいいんだから一度カメラに収めてれば問題無いんじゃね?ってなるんですが。

そして個人的にこのゲームで一番面白かったお気に入りの場所、量子の月攻略ですが、今まで得た3つの量子の知識をふんだんに使い、正しくノマイ族が行っていた巡礼を体験するのが世界の謎を解き明かす主人公に溶け込めて楽しかった。ほんとにこれ、キャラクターの成長で攻略するとかじゃなくて、ただただ知識をもってして謎解きをするっていうのがマジで面白くて、量子の月進入時、祭壇攻略時、第6の場所到着時の快感がエグくて達した。しかもこの知識が宇宙中に散りばめられてて、何故宇宙は滅びるのか何故ノマイ族は滅びたのかという何故何故を明かすと同時にノマイ族のやりたかった事を読み解いていくのがほんと良かったです。

さながらもうこのゲームをクリアしたかのような感想を書きましたが、問題はまだ解決していません。本当に目指すべき場所はかのノマイ族ですら到達し得なかった、惜しくも出来なかった”宇宙の眼”なので、残すはそこへどう行くか(座標はこの時点で分かってる)を目標としてまだ空いているピースのかけら達を探しに行きます。

そしてPart4を締めくくるのがノマイ船到達。遂に重要なピースが揃いましたが、この時は座標を知っているのに座標の入力の仕方が分からず終わります。今思えば座標のことは前にマジで諦めてて頭の片隅にすらありませんでしたね。

 

Part5

https://youtu.be/lCwSVgbOsXE

ノマイ船攻略失敗、侵入者内部侵入、宇宙飛行士達に挨拶回り

4日目

ワープコアを持って船まで行きますが、3面パスワードが分からず後にします。今見返すと、いやこれほんとは分かってるやんけっていう。なので記録の「?」部分になってるところを埋めに行く作業へ。

侵入者では内部があるということは分かったもののどう入るかに苦戦。歩いてたら、なんか氷溶けてね?ってなって、たまたま船修理してたら氷解音みたいなのが聞こえてきたので亀裂に入ったら内部に行けましたって感じです。ここでノマイ滅亡の真実を知り、実は自分がノマイ族の意志を受け継ぎし者なんだということを理解して目の色が変わりました。先述した散りばめられたノマイの知識がノマイ達の夢で、それを叶えられる瞬間に滅びてしまったが、残された知識を基に後世が受け継ぐ…しかも滅び方がほんの一瞬だったと分かるノマイ達の遺骨…スーパーノヴァを利用したプロジェクトが遠い未来自然的に起こることでそれは偶然なのか必然なのか後世達への手向けとなる…エモいですよね、何もかもが。

 

Part6(ラスト)

https://youtu.be/EqL4H5Zjg54

ブラックホールの鍛冶場到達、宇宙の眼到達、エンディング

5日目

最後の「?」埋めへ、鍛冶場を埋めて全ての知識を得たことになります。そして舞台は念願の宇宙の眼へ…。

まず船の3面パスワードですが、記録見てたら座標を思い出します、そして3つの謎の記号、ハッとなり早速ワープコアを持って船へ行きます。ここで自分は終わりを確信しますが、実はハッピーエンドだと思ってて、思い描いていたエンディングは「宇宙の眼には幽霊物質やスーパーノヴァへの解決策があり、それらを行うことで滅亡から逃れられる」でした。なので、宇宙の眼に到達した時はすげえ怖かった反面、まだ俺たちには希望がある!つって勇み足で進んでました。

そして宇宙の眼内部へ、まさかの博物館、そして不吉なメッセージメモ群、ここで嫌な予感、それでもと進んでいくが消えゆく光、尚続く不吉な視覚情報、そして予感は確信へ、焚き火、Esker、楽器、代表する地形達、伴う記憶情報、宇宙飛行士Riebeck、Feldspar、Gabbro、Chert、ノマイ族Solanum、演奏、生成される”可能性”、観測された”可能性”、光の果てに…。

エンディングが流れると共に自分は涙が流れました。ああ、終わったんだ、終わらせてしまったんだ、と。ほんとに泣きたくて泣いてるんじゃなくて、自然と涙が溢れて、感情が、思考が、身体が、勝手に感動していた。それぐらい衝撃的で凄く情緒的でとても印象的でした。ありがとう皆。

 

f:id:kk_abc:20210426182941j:plain

 

 

終わりに

最後まで読んでいただきありがとうございました。このゲームを最後までやって本当によかったと心から思えるほど感動しました。正しく名作と呼ぶに相応しい類を見ない緻密で繊細な物語性には感服の一言。これを機に自分もオススメしていきたいと思います。ただ、やはりクリアするまでは人を選ぶだろうというのが問題なので、とりあえずは宇宙SF好きの友人に広めていきたいと思います。

もしここまで読んでまだやったことが無いという方は是非遊んでみて下さい。自分が購入した時はPS4版でセールやってて1800円程とリーズナブルでした。

最後に、本当にありがとうOuter Wilds。

 

それではまた。

2021年の記事タイトル一覧

2021年に書いた記事を並べてトップに置いてます

古いもの順

 

ゼノブレイド2の感想 - たいやきの中身

モンハンライズの感想 - たいやきの中身 

ゼノブレイド2黄金の国イーラの感想 - たいやきの中身

Outer Wildsの感想 - たいやきの中身

Celesteの感想 - たいやきの中身

ゼノブレイド2黄金の国イーラの感想

皆さんどうも、たいやきです。

今回はゼノブレイド2黄金の国イーラをクリアしたので感想を書いていきます。

本編であるゼノブレイド2の感想の記事は先に上げていますので、もし宜しければそちらもご一読して頂けると幸いです。

kkkansou.hatenablog.com

f:id:kk_abc:20210417022750j:plain

 

ネタバレ無しの感想

先ず、ネタバレ無しの感想から…になるのですが、この作品、あくまでもDLCの追加エピソードになるため、ゼノブレイド2本編のネタバレに関しては考慮していません。なので、ゼノブレイド2をクリアした事を前提として話を進めていくことになりますのでご了承下さい。

黄金の国イーラ、と銘打たれている様に、本編の500年前にイーラという地(アルス)で起きた聖杯戦争を描いた物語になります。天の聖杯であるヒカリとメツが戦って甚大な被害が出たという戦いですね。

今作の主人公は、本編で敵として幾度とレックス達の前に立ちはだかったシンと、そのドライバーであるラウラになります。ラウラ一行にはかの有名な英雄アデルや、この時代のスペルビア皇帝であるユーゴ達が共にメツ討伐を掲げて力を合わせるお話です。

f:id:kk_abc:20210417024808j:plain

今作の人物相関図 色々と見知った名前があります

まぁ彼らがどのような道を辿ることになるかは、本編でも断片的に語られていたので分かることかと思いますが、詳細については後述するネタバレ有りの感想でまた書いていきます。先んじて言えることは、今作の物語は本編の補完的要素であり、無理にする必要は無いがゼノブレ2ファンなら最後までやってほしいなと思いました。

さて、今作と本編では実はゲームシステム面が色々と変更されており、正直な話ストーリーよりもゲーム部分の面白さが際立っていたように自分は感じました。(結末が分かっているから仕方ないね)

まず大きな変更点をざっと纏めていきます。

・ヒトノワ、キャンプの追加

・戦闘システムの変更

・採集アイテムが分かりやすく表示

・販売品の変更

・ブレイド同調、傭兵団の削除

となります。

ヒトノワ

www.nintendo.co.jp

雑に説明すると、サブクエストやったらその人と仲良くなり、その証を集めていくコレクション要素みたいなものです。ただ、厄介なことにこのヒトノワにはレベルというものが存在し、メインストーリーを進める際にヒトノワレベルを一定値要求されることになるので、本編よりもサブクエストの重要性が高まりました。サブクエ全部飛ばしたあてつけか?

ただまぁ幸いなことに、本編よりもクエスト数は少なく、会話やクエスト内容に関しても大分作り込まれてる感じはありました。本編の自動生成台詞は何だったんだ。

キャンプ

特定の場所でキャンプができ、「休む」「クラフト」「会話」を行えます。

「休む」は、本編にあった宿屋と一緒で、ボーナスEXPを使用してレベルアップが可能。

「クラフト」は、本編でいうホムラの料理みたいなもので、各キャラに割り当てられたアイテム制作が可能。ポーチアイテムや貴重品(ゲームを進める上で便利になるもの)、クエスト用品を制作できます。

f:id:kk_abc:20210417031813j:plain

ヒカリの料理…

「会話」は、その名の通りパーティキャラ同士の会話になります。まぁストーリーに応じてちょっとした小話をするので、某JRPG作品のスキットみたいなものです。

戦闘システムの変更

オートアタックをしてアーツを回しながら必殺技を撃つ、という大まかな部分は変わらないのですが、それ以外は全く違うものになっています。

最初は戸惑いましたが、これがめちゃくちゃ面白いただまぁドライバーコンボが狙いにくいのが難点ですかね…。

www.nintendo.co.jp

公式HPの戦闘を見てもらうと分かりやすいのですが、本編ではドライバー1:ブレイド3でドライバーがブレイドを切り替えながら戦っていましたが、今作ではドライバー1:ブレイド2になった代わりにドライバーとブレイドがスイッチ(切り替わり)しながら戦う様になります。3キャラ使用するのは変わらず、今作ではブレイド自身が戦線に出るということですね。因みに、先述した通りブレイド同調が無くなったので、ブレイドは各ドライバー固定の2体になっています。ガチャ無くなったのありがてえ!!

それと、これ戦闘システムにおいて一番大事なのですが、必殺技のコンボルートが無くなりました。え?コンボ無くなったの?と思われるかもしれませんが、ルートが無くなっただけで、全属性なんでも繋がるようになったのです。そして、本編のコンボルートなるものは名を変えてクリティカルルートというシステムに変更。規定のコンボルートを繋げることで普通のコンボよりもダメージが出るという内容になりました。

更に、必殺技を敵に当てるだけで属性玉が付与されるようになりました。これ本編だけやってる人からしたら革命が起きたかのような衝撃だと思うのですが、あれだけ苦労してコンボルートをなぞりながら最後の属性の玉を1個ずつ付けていたのが嘘のようにめちゃめちゃ簡単に玉をつけてチェインアタックまでもっていけるようになりました。マジありがてえ。

これらの変更によりゼノブレ2特有の面白いバトルは爽快感そのまま、より面白く洗練された戦闘が楽しめる様になったのです。

採集アイテムが分かりやすく表示

これは細かい変更点になるのですが、採集ポイントの上に何のカテゴリのアイテムが取れるか表示されるようになりました。

f:id:kk_abc:20210417022715j:plain

何が採取できるか一目で分かるようになった

販売品の変更

本編ではやたら多かった素材やポーチアイテムの店が全て撤廃。ブレイドの武器になるコアチップとドライバーの装備になるアクセサリーのみが販売されています。

アシストコアに関しては、一々錬成する必要が無くなり、完成品が獲得できるように。

f:id:kk_abc:20210417022741j:plain

本編では穴が空いたアイコンでしたが、今作では元から錬成されている状態

ブレイド同調、傭兵団の削除

今作では、ブレイドが固定の2体のみになったのでブレイド同調や傭兵団が無くなりました。これ簡潔に書いていますが実はかなりプレイヤーへの負担が減っていて、ブレイドが固定ということはフィールドスキルも固定になるんですよね。つまり、本編でやたら種類が多い上にスキルレベルも要求されるストレスから解放されることになりました。万歳。

傭兵団に関しては言わずもがなですがブレイドが少数なので無くなりました。

 

と、色々な変更点を述べたのですが、個人的にはほぼ全て改善されている様な内容で、本編よりも楽しめるシステムに仕上がっていた様に感じました。見知った地でも少し変わっている点があったり、BGMもアレンジ曲や新規曲が沢山あってDLCなのにまるで新作をプレイしているかのようで、手抜き要素がマジで無かったです。

因みに、プレイ時間に関しては本編と比べたらかなり短く、20~30時間ぐらいで終わります。(自分はまだ少しだけサブクエストが残っている状態で20時間)

 

 

ネタバレ有りの感想

ここから先は今作のネタバレを含むストーリーに関しての感想となります。

あくまでも個人的見解、主観的な感想を連ねていくので気分を害する可能性もありますことご了承下さい。

 

今作のストーリーは本編に比べかなり短く話数形式ではない為、話数を振っての感想という形ができないのが少し残念。まぁ仕方ないのですが、記憶を整理するのに区切りって結構重要なんだなって思いました。

先に述べたように、今作ではラウラとシンが主人公になっており、ラウラが母親を探す旅をしている中で天の聖杯であるメツの存在やメツによる被害を目の当たりにします。ただ、中には人による被害も多く、戦禍の真っ只中といった有様。己が生き残るためとはいえ、未曾有の敵を前に人類同士で争う様子は哀しいものです。母親の居場所を探す途中、孤児になっていたサタヒコや、別行動していたカスミ、メツを追うアデルとヒカリとお供のミルトと出会い仲間に。アデルの見た目や性格がどことなくレックスを想起させてくるの助かる。

母の居場所が分かり、グーラへ赴くラウラ達、目指すはトリゴ村。グーラに着いた瞬間、うわぁ懐かしい光景やぁと思うと同時にBGMにアレンジが加えられていることに気付き少し感傷に浸ってしまいました。視覚と聴覚を奪われてしまった。

トリゴ村に着くもそこは焼け野原。しかも人害によるもの。バナージ、悲しいね。村の奥には墓が並んでおり、そこには母の名も刻まれていました。ここらへんで自分は「うっわいきなり重い展開」といった感じで胃もたれを起こしました。キッツ。その後カグツチが出てくるんですが、めちゃめちゃデジャヴ感。これ本編で見たやつだ。胃薬助かる。

なんやかんやありユーゴ一行と仲間になり、ラウラはメツ討伐の戦いに身を投じることになります。途中、本編の回想でも出てきたラウラのクソ親父であるゴウトが復讐に来たりと人の醜いところばかり押し付けてくるのほんま…。

ラウラ一行は物語の中核でありアデルの故郷であるイーラに赴き、アデルを慕う人達を見て人の強さ、絆の強さを目の当たりにします。

王都に向かう途中マンイーターである若かりし頃のミノチが参戦。なんだこのイケメン。これにて全キャラが揃いました。道中にある村ではシンの前世について(本編にもあった日記を読むシーン)が語られます。因みにここらへんでマルベーニ側ではマンイーター計画とブレイドイーター計画が進行していき、これが後の世に出てくることに。

f:id:kk_abc:20210422153137p:plain

集合写真、分かりにくいけどサタもちゃんと笑ってます

最終舞台である王都に到着。イーラは真の力を封印することで大人しくしていることを知りますが、メツはこの封印を解くことにします。それを阻止するためにラウラ一行はメツと戦いますが、敵は天の聖杯。ヒカリがいたとてアデルの制御できる範囲での力の行使ではデバイスを操ってくるメツに敵わず封印のコアを取られることに。セイリュウじっちゃん(今作ではじーさん呼び)の手助けもあり難を乗り越えますが、メツは遊び程度にコアを持って決戦の地へ行きラウラ達が来るのを待つことにします。じっちゃんが紹介も無しに一行に溶け込むのは少し違和感がありますが、本編ありきなので説明はいらんじゃろって感じなんですかね。後、本編のラストで語られたように、コアクリスタルの本質(輪廻の性質)についても簡略化されて語られています。

王都復興や人助け、イーラの騎士に任命された後、一行はメツとの決着をつけるためにイーラのコア部へ。メツ戦ではお互いのデバイスであるセイレーンを駆使したバトルになっており、これをゲーム部分に落とし込むのが斬新でかなり燃える展開でした。ゲームでの戦闘後、メツが街を破壊するのと共に暴走するヒカリ、アデルの叫びも届かず本気の天の聖杯同士の激突で被害は広がりイーラは沈没、大切な仲間たちが命を落とします。闇落ちヒカリと戦闘中の因果律予測(というより未来予知)にて映るレックス、助けてというヒカリの声は現在ではなく未来に届ける悲しい結末になります。counter attackとdrifting soul流れるのほんま助かる。

メツとの決戦は勝利で終わりますが、代償は大きく、被害の全てがヒカリのせいとは言えませんが要因の一つであるという事実、何より一緒に旅してきたミルトやユーゴの死を目の当たりにした上で、ミルトを抱えていたサタヒコがヒカリを拒絶してヒカリはホムラという”殻”に籠もることになります。ここのシーンがとてつもなく哀しい反面、本編にて救われるのが嬉しいという情緒の振り幅で全プレイヤー殺されそう。

アデルはホムラと共にラウラと別れ旅に出ることになり、その旅の詳細は語られることなくフェードアウト。ラウラ側ではブレイドイーター化に失敗して異形と化したゴウトが襲いかかってきます。因縁を断ち切るも、メツが斃れた後も人がいる限り争いは終わらない事実。エンディングと共に時は流れ、ラウラ一行は旅の途中で本編にもあったアーケディアの侵攻により命を落とすことに。そしてシンはマンイーター化します。ここらへんも詳しくは語られることが無かったのですが、カスミやサタヒコは別行動していた様ですね。本編を知っているからこそエンディングムービーとシンの語り、コアが赤く染まったシンとセイリュウの会話が胸を刺します。そして時は更に流れ、ホムラの元にレックスが来て終了――。サブタイトル「黄金の国イーラ」が暗転した画面に出て来る演出(実はこの記事の始まりの画像)。ほんと余韻に浸れる終わり方で助かる。

f:id:kk_abc:20210417022758j:plain

エンディング後のタイトル画面 ホムラ…

 

 

おわりに

稚拙な文で長々と感想を書いていきましたが、総じて言えることは「DLCで補完するには勿体ないぐらい緻密なストーリーとブラッシュアップされたゲーム性で、さながらゼノブレイド2.5といったような新作感を味わえる面白い作品」だったということです。

ゼノブレイド2はやったけど黄金の国イーラをやっていないという方は是非遊んでみてほしいです。そしたら自分も開発も助かる。

 

それではまた。

モンハンライズの感想

皆さんどうも。たいやきです。

今回はモンスターハンターライズの感想を書いていきます。ストーリーに関してはあまり触れないのでほぼネタバレ無しです。

f:id:kk_abc:20210408140732j:plain

そういえば映画がライズの発売日と同時に公開されましたね。ミラ・ジョヴォヴィッチかっこいい。

世界的にも大ヒットしている言わずもがな知れた有名作のモンハンですが、その新作がSwitchにて発売しました。個人的にはアクションゲーはPSでやりたかったのですが致し方なし。

今更モンハンがどういうゲームかというのを説明する必要は無いと思われるので割愛させて頂くのですが、モンスターをひたすら狩り続けるこのゲーム、昔と比べ大分様変わりをしています。

自分は体験版もプレイ済みで、待ちわびたゲームと言わんばかりに準備をしていたのですが、今作の新要素である”翔蟲(かけりむし)”がどうしても手に馴染まず、正直1週間前まで買おうかどうか迷ってました。

www.capcom.co.jp

(公式HPより、翔蟲アクションの説明です)

この”翔蟲”と呼ばれる蟲と糸を使った所謂ワイヤーアクション、今までのモンハンには無いこの新しいアクションが今作のウリなのですが、こいつがかなりの曲者で、モンハンらしからぬ瞬間的な横軸移動や今までにないような縦軸移動等、モンハンを根本から覆すような新作と仕上がっています。

体験版をやった時は、そのらしからぬ動きが自分には違和感しか感じなかったのですが、いざ本作をガッツリ触るとなると、この翔蟲アクションが予想以上の面白さをみせてくれました。

まず基礎となる”疾翔け(はやがけ)”ですが、こちらはワイヤーを使って瞬間的に移動を行うというもの。上記公式HPの説明動画を見たら分かるのですが、すげえぴょんぴょこ動けます。因みに疾翔けを行った後に壁にぶつかれば、そのまま”壁走り(かべばしり)”なるものが行えます。これらを利用することでものすごい高さまで自力で移動することが可能に。(勿論モンスターを追いかける際にも重宝します)

f:id:kk_abc:20210409002114p:plain

分かりづらいかもしれませんが、下まで移動可能エリアです。

次に”翔蟲受け身(かけりむしうけみ)”ですが、攻撃を受けた際、吹っ飛んだ時に翔蟲を使って距離を離しつつ受け身を取ることで(敵方向にへばりつくように受け身をとっても良い)即行動できるというものです。これにより、ふっ飛ばされた後、起き上がりに敵の攻撃を受けてそのまま乙る…なんてことが防げますが、翔蟲受け身を取った時点で無敵時間は無くなるので、場合によっては普通に吹き飛ばされて無敵時間を利用してやり過ごした方が良い場合もあります。ここらへんは慣れで選択する形になりますね。

そして今作の目玉システムと言っても過言ではないのが”鉄蟲糸技(てっちゅうしぎ)”。全武器に搭載された多種多様な攻撃技や補助技で、簡潔に言えば各武器専用の必殺技のようなものです。これを駆使できるかできないかで今作のハンターの腕が試されることでしょう。

www.capcom.co.jp

(公式HPより、武器の説明です)

今説明した翔蟲アクションは、翔蟲ゲージという固有ゲージを利用することで行えるのですが、基本2回分(鉄蟲糸技によっては2つ消費するものもある)しか使えず、使った後のゲージは時間経過で自然回復するのを待つしかありません。便利が故の制約ですね。

因みに、上記武器説明のところにある”入れ替え技”は、各武器の特定のアクションが選択式になっており、どちらかを選んで使用することができるというもの。同じ武器でもある程度幅広く自分好みのアクションができるようになっています。

更に、ライズの狩りで特徴的な豪快アクションとなっているのが、”操竜”、その名の通りハンターが大型モンスターを操ることができます。前作のワールドでいう乗りと似たようなものですが、今作はモンスターを操って違うモンスターに攻撃できるというのがなんといっても面白い。怪獣大戦争が自分の手で行えるんだからそりゃおもろいわ。

f:id:kk_abc:20210409010543j:plain

ティガレックスvsアケノシルム。身内ではポケモンバトルと呼んでます。

この様に、様々なアクションを駆使してド派手に立ち回っていくのが現在のモンスターハンターで、正直十数年前に近所の友達と集まってやっていたあの頃とは全く違う作品になっています。改造ネコが懐かしい。

と、今作の派手さを語った訳ですが、中には「そんなんモンハンちゃうやろ…もっと謙虚に動いてこそのモンハンやんけ…」という方がいらっしゃると思います。自分も最初はそうでした。ですが、やらずに物を語るほど無粋なことはありません。とりあえずやってみよう精神でやってみた結果、自分はこの自由奔放に動けるアクション性にゴリゴリハマりました。

ただ、今作はあまりにもボリュームが少ないという欠点があります。ハマるだけにほんとすぐやりたい事が終わりました。

ストーリーに関してはいつものモンハンといった感じなのですが、クエスト数が少ないのと、現状HRが7までしかないこともあって、やろうと思えばやることは多いけどやれる事自体は少ないよなぁって感じです。護石ガチャや色んなビルド作成等あるんですけどね…。素材要求数が少ない為、周回が少なくて済むというのもあるのかな(これに関しては良いことなんですが)。

個人的には今までやったモンハンの中では一番面白いだけに惜しい作品だったなあという感想でした。まぁこれからアプデで拡張されていくことが確定しているので、それ次第なところはあります。

f:id:kk_abc:20210409012616j:plain

お気に入り画像 バカサバイバー

皆さんも良きハンターライフを。

 

それではまた。

ゼノブレイド2の感想

皆さんどうも。たいやきです。

今回はタイトルの通り「ゼノブレイド2」をクリアしたので感想を書いていきます。名作と名高いこの作品、楽しみな反面、ハードル上げすぎて大丈夫か?という不安もありました。まぁこれが杞憂だった訳ですが…。

f:id:kk_abc:20210406203651p:plain

いいですよね、ホムラとヒカリ。自分はどちらかというとホムラ派ですが、一番好きなキャラはハナです。

 

ネタバレ無しの感想

雑~にネタバレ無しの感想を先に書いていきます。

まずこの作品を語るうえで欠かせないのが、独特な世界観とゲームシステムです。

世界観に関しては公式HPの『物語』に書いてある通りのファンタジー作品なのですが、

ゼノブレイド2 : 物語 | Nintendo Switch | Nintendo

ゲームシステムに関しては、上記HPの『戦闘』やゲーム中のチュートリアルをやっても完全に理解できないような複雑さがあります。なんならストーリーの8割チュートリアルで、自分が理解した頃には最終話目前でした。

f:id:kk_abc:20210407044941j:plain

マジでこんな感じ。理解した気はする。

しかしこの物語と戦闘がとてつもなく面白い。本当にやって良かったと思える作品でした。

物語に関しては、王道of王道で、笑いあり涙あり、少年漫画の様な熱い展開などを盛り込んだストーリーとなっています。皆の幸せを願い楽園と呼ばれる伝説の地を目指す主人公レックスとそのキッカケとなる天の聖杯ホムラ、そして純粋なレックスに惹かれる仲間達。とある理由で天の聖杯を狙う敵達。天の聖杯を危険視する人達等々。様々な思惑が交錯する中、レックス達はどう成長していくのか、果たして楽園に辿り着けるのか。といった様なお話。

ここでは語り足りないネタバレ有の感想を後述しますので、既プレイの方は是非最後までお読みください。オタク全開です。

戦闘に関しては、アクションとコマンド制バトルの中間といった感じで、基本はオートアタックで攻撃して、要所要所で”アーツ”と呼ばれる技を使い、ゲージを消費して必殺技を繰り出すという流れです。

こう書くとかなり簡単そうに思えますが、実際ここに書いた通りのことをしたところで本作の戦闘に関する情報の1割程度でしかなく、必殺技を撃った上で”コンボ”と呼ばれるものを駆使したり、”属性玉”や”チェインアタック”という独特なシステムを利用してすごいダメージを一気に叩き出すといった頭脳的プレイも必要になり、正直めちゃめちゃ混乱します。説明できんからやってくれマジで。

ですが、このややこしいシステムを理解して考えながらバトルをしていくと、死ぬほど気持ちいい瞬間があり、マジですごいダメージをバン!と出した時はイキます。こうして市場に出回っているということは、法律には引っかかっていないようですので合法ドラッグです。

f:id:kk_abc:20210407053251j:plain

なんかすごいダメージ。出したダメージ量で経験値も加算されるという嬉しいおまけも。

と、言ったようにゲームとして必要とされるストーリーもシステムも面白かったよってことを伝えたのですが、BGMや様々な種族のキャラクター達も魅力的で、名作の名に恥じない出来だったのでまだやったことのない方は是非やってみてください。飛ぶぞ。

 

 

 

 

 

ネタバレ有りの感想

 ここから先はネタバレを含む感想になります。未プレイの方はここから先を見ずにブラウザバックしてGEOなりTSUTAYAなり行って本作品を買ってきてください。お願いしますなんでもしますから。

 それと、あくまでも個人的見解、主観的な感想を連ねていくので、解釈違い等で気分を害する可能性もありますのでご了承ください。

 

さて、早速物語の感想です。

1話~2話に関しては、世界観や各キャラの紹介といったようなパートで、良くも悪くも起承転結の起といったところ。入りとしてはまぁ少し面白いかなってぐらいで実はそこまでハマってはいませんでした。正直メレフとカグツチがスペルビア最強()って感じたりしてて穿ってましたね。といってもハナの登場シーンは胸に矢を受けてしまいましたが。後、クソでけえ鳥と恐竜とゴリラ、おめえらマジで後でしばくから覚悟しとけ。

そして来る3話。ヴァンダムが登場したとき「なんだこのおっさん!?」って言葉が出てしまいました。マジで最初こいつ悪役だと思った。そういやジークの初登場もこの回ですね。なんやかんやあって3話のラスト、ヴァンダムのおっさんが死んで泣きました。ええ、そりゃもうボロボロと泣きましたよ。「お前の戦を戦えぇええええ!!!」。そんでもってヒカリ登場泣きました。熱すぎて泣きましたね。こんなん誰でも燃える展開やろ。後、BGMズルい。counter attackのイケイケオセオセ感も好きなんですけど、drifting soulの哀愁と熱を併せたなんとも言えない感じも好きなんですよね。語彙力が足りん。

ゼノブレ2のターニングポイントと言っても過言ではない3話が終わり、ヒカリの登場で動き出す物語。4話5話6話と良い話は多いのですが、大きく動くというよりは徐々に世界の核心に近づいていくという感じで比較的ゆっくりと話が進んでいきます。

そして6話ラストからの7話、レックスの大きな挫折と成長、ニアの覚醒など見所がたくさんある中、7話ラストでの「君の全てをオレにくれーーーーーーー!!!」、めちゃ泣いた。君の全てをオレにくれもそうなんだけど、この流れ全体でのレックスのセリフが凄まじく、男らしさといいカッコよさといい、それでいて感情的な下野紘の演技力に圧倒されました。声が裏返るところとか本当に度肝抜かれましたもん。そしてプネウマ覚醒、本気シンとの対決と何もかもが桁違いの熱さで死にました。ここから先は天国からプレイしています。

物語も終盤、8話から怒涛の展開となります。8話ではモルスの地に落ちてシンと脱出を試みることになるのですが、その廃墟的なステージや敵の正体、かつて栄えたイーラの地の姿等心に刺さるような展開が続きます。何よりここで一番印象深いシーンといったらやはり〈約束〉ですよね。まさかここでの伏線があんなことになるとは…。まぁここらへんからこの世界の核心部分に近づくにつれ闇が深くなっていき、無茶苦茶引き込まれることになるのですが、イーラ側にも事情があっていたたまれない気持ちになります。なんならマルベーニにも色々あるしさ…なんなんこの感情…。

f:id:kk_abc:20210407063511j:plain

ホムリ(ヒカラ)ちゃん。別名プネウマ。自分は呼び方をホムラにしましたが皆さんはどちらにしましたか?

苦しい展開が続く中9話、イーラメンバーやマルベーニとの決死の戦い(ここでレックスとイーラ側が戦ったのはシンだけになるけど)。畳み掛けてくる各主要キャラ達の思いや必死さ、過去、関係、感情、あらゆるその人をその人たらしめる”心”を描き、消えゆく。その命の儚さも、最期と共に想いを繋がれてこそなんだなってつい感傷的になりましたね。ここでのベストシーンはシンがニアに言った「悪くなかったろう?」です。ちなみに9話ラストは言わずもがなずっと泣いてました。

第九話 雨 のサブタイトルが終わり、最終話。あのー、なんていうんだろ、なんかいきなりなんだけど、ガンダム始まった?とてもSFチックな展開に。突然の展開に驚愕しますが、これまでの散りばめられた伏線から、つい納得してしまうこの妙。すげえ(語彙力皆無)。このトンデモ展開からの楽園到着。正直度肝抜かされました(2つ目)。マジで絶望、廃墟、なんもない、オワタ。それでもとレックス一行は鐘の鳴る方へ向かいますが、この間プレイヤーである自分は涙と共にコントローラーを投げ出そうかというぐらい絶望してた。ほんと精神的に弱いのでこういう絶望突きつけられると死んじゃう。しかも教会の下で見せられた幻覚でもう墓場に片足丁寧に入れました。そしてそしてこの世界の”神”たる創造主クラウスとの対面、語られる真実、これだけの絶望を突き付けられたレックスが放った言葉が「ありがとう オレたちを生んでくれて」。もうね、感服。因みにレックスが神に会ってしたかった”答え合わせ”、それは奇しくもクラウスが持っていた答えがレックスという存在によって変えられたから同じ答えに辿り着いたのかなと思うと、この世界はレックスを中心に回っていたのではないかとも思えてしまう。ありがとうレックス。

最終話ラスト、メツとの戦い。メツも結局このどうしようもない世界に狂わされてしまった人(ブレイド)の一人だったのだと思うとどうしようもなく恋しくなってしまった。この時に行われたレックスとメツとの対話が、ああ、本当にレックスが主人公でよかったと心の底から思いました。「あんただってそうやって進んできたんだろうに!!」はこの世界を全て形容したかのようなセリフで心打たれましたね。

戦いも終わり、ようやく終わったかと思ったらまた一難。世界樹が崩れ、それを阻止する為に動く一同だがしかし…。そしてホムラヒカリとのお別れ、ヒカリとハナとの約束。「もう一人でも大丈夫だね」や「約束したんですも」など見所のシーンを切り抜き始めたら多分ここの流れ全部になるんじゃねえかってぐらい凄まじいラスト。ハナに手を出すとことかプネウマが脱出艇の操作するとことかもうね…。そして辿り着いた”楽園”。そこには一緒に行くはずだったホムラとヒカリの姿は無く…。ゲームの終わりとともに流れるエンディング、スタッフロール、エピローグムービー。エンディング曲の歌詞も相まってエモさが天元突破し自分はゲロ吐いちゃいました。ただ、個人的にはコアクリスタルが黒いまま終わりであってほしかったなと思ってます。やっぱり歌詞的にはお別れしても尚君に伝えたい想いがあるという形で終わらせてほしかったしコアクリスタルが残っているということは…的な希望を持たせたままの方がなんかしっくりきたかなと(早口)。でも皆幸せならそれでいい!もう最高のハッピーエンド!

f:id:kk_abc:20210407071653p:plain

終わった後、タイトル画面を見て消滅しました。

いやあ、ほんと良かった。良かったです(こなみ)。因みに最終話のラストからずっと涙と鼻水が止まらず溺死しました。地獄からこの記事書いてます。

 

ただ、これだけ褒めたけど実は苦言を呈したいこともあって、まぁストーリーに関しては皇帝の自爆ダイブとかレックスの過去のこととか納得いかない部分があったにしろ飲み込める内容でしたが、サブクエストの多さ(これに関してはやり込みたい人には嬉しいこと)や地形の悪さによる弊害、操作性が悪く感じたり、フィールドスキルの要求、ブレイド同調のガチャシステム等のゲーム部分が目立って悪かったかなと思ってます。

サブクエストの多さは、サブクエスト全部やってたらメインストーリー進まないレベルで多すぎる上にありきたりな内容ばかりでやる気も削がれる気がしました。途中からサブ関連全部すっ飛ばしてメイン進めてたので中にはいい内容のものもあるかもしれませんが、個人的には苦痛でした。

地形の悪さによる弊害、というよりセミオープンワールド且つシームレスバトルによる弊害というべきなのかな?では、とにかく足場の悪さによって落ちて死んだり、回復ポットが取れなかったり、逆に敵が落下死してアイテムが取れなかったりとバトルでストレスを感じることがありました。ボス戦ではこんなことは無いんですけど、雑魚戦だとどうしてもね…。

操作性の悪さ、フィールドスキルの要求、ブレイドガチャに関してはそのままの通りなのですが、ゲーム性故仕方なしと言われたらどうしようもない感じ。いや、ブレイドガチャに関してはなんとかしてくれ。

 ただ、戦闘に関しては本当に面白くて、コンボや属性玉を理解したあたりからマジで世界が変わって、いつしか「もっと強い敵出てこねえかなあ」と思ってしまうぐらい一戦一戦が楽しくなってました。サイヤ人かな? あれだけ複雑なことやらせといて、不快感ではなく快感にしてくれるんだから凄い。

 

 

 

 

と、感想をクッソ長々と書いたところでとりあえずは終わりにしようかなと思います。総評としましては、今後も記憶に残るであろう名作というぐらい良い作品でした。ゼノブレイド2本当にありがとう。

一応、DLCで黄金の国イーラという過去編という名の続編があるのでそちらもプレイしていこうかなと思ってます。終わったらまた感想書こうかな。

 

それではまた。

はじめに

皆さん初めまして。たいやきです。

このブログを開設するにあたって、どんなことを綴っていくのかを最初に書き留めておこうかなと思います。

自分は色んなゲームをしたり、アニメや映画を観たり、漫画を読んだりしていると感想を言いたくなるのですが、如何せんネタバレというものを気にしなければなりません。それは言葉であれ、文字であれ、不特定多数の人間の耳や目に届いてしまうものです。

察しの良い方、というか察しが悪い方でもお分かりかと思いますが、ここではそのネタバレを含んだ感想をただ連ねていくだけです。めちゃ畏まってるけどただそれだけです。よくあるやつ。

ということで、「自分がやったゲーム(もしかしたらアニメや漫画等も)をネタバレ有りで感想書いていくだけのブログ」を始めていくだけですので適当によろしくお願いします。